リバースモーゲージ

リバースモーゲージを途中で解約することができる?解約する場合の注意点を解説

2022年6月14日

シニアを対象にさまざまな金融機関が商品を提供しているリバースモーゲージは、自宅を担保に借り入れを行う融資システムです。元金の返済は、主に契約者が亡くなった後、相続人が自宅を売却するなどの方法で行います。毎月の返済は利息だけなので、老後の資金調達法として注目を浴びていますが、リバースモーゲージは途中で解約することができるのでしょうか。解約する場合の注意点とともに解説します。

リバースモーゲージは途中で解約できる?

リバースモーゲージは、途中で解約可能なケースが多いでしょう。その際、それまでに融資を受けた元金と、発生した利息を一括で返済することになります。また、一度金融機関につけた抵当権を抹消することになるため、その手続きにかかる費用を負担しなければなりません。

リバースモーゲージの途中解約の注意点

わけあって、リバースモーゲージの途中解約を考えている場合には、以下の3つに注意しましょう。

解約時にまとまった金額を用意できるか

リバースモーゲージの途中解約をすると、元金と利息の返済、手数料などでまとまった金額を支払わなければなりません。解約時に完済できるか、見通しを持って解約しましょう。

自分が亡くなった後、家をどうするか

自分が亡くなった後、家が空き家になってしまったら、空き家の管理をしなければなりません。定期的に空き家へ通い、風を通す、草刈りをするなどの手間をかけなければ、家はあっという間に害虫や害獣のすみかとなり、草が茂って近隣に迷惑をかけてしまいます。

誰も空き家の手入れができない場合には、地元の不動産関連会社や便利屋などに管理してもらう必要があります。手入れをしたり、管理費を支払ったりするのは、子世代などの相続人です。子世代に迷惑をかけたくないという人には、金融機関が自宅の売却について相談にのってくれるリバースモーゲージは有益です。

その後、生活は成り立つか

リバースモーゲージの解約をした後も、生活を続けなければなりません。まとまった返済金を支払った後で、老後の生活資金はどのくらい残っているでしょうか。「こんなに生活が苦しいなら、リバースモーゲージを続けていた方が良かった」と後悔しないよう、老後の必要資金をしっかり算出しておきましょう。

リバースモーゲージを解約しないために

リバースモーゲージを解約しなくても済むようにするためには、利用する前に確認すべきことが3点あります。

相続人の意思

リバースモーゲージは、一般的に、契約者が亡くなられた後に相続人が担保不動産となる家を売却するなどの方法で元金を返済します。相続人が「家は、自分が後を継ぐつもりでいたのに」と言い出してしまうと、リバースモーゲージは成り立ちません。相続人が元金を手持ちの現金で一括返済できるなら問題ありませんが、そうではない場合、解約せざるを得なくなります。

配偶者が住み続けられるか

契約者が亡くなったら、たとえ配偶者が自宅に住み続けたいという意思があっても、期限内に家を売却して元金の返済をしなければならないケースがあります。契約後にそれを知った夫婦が「やはり解約したい」と告げる可能性も。契約者が亡くなられた後も、新たに契約を交わすことで配偶者が担保不動産に住み続けられる契約形態を採用している金融機関があります。自宅が対象エリアに入っていれば、そちらを選ぶようにしましょう。

住み替えの予定はあるか

リバースモーゲージの契約後、偶然に理想のサービス付き高齢者向け住宅などが見つかり、「バリアフリー化していない自宅よりも、こちらの方が住みやすそう」と住み替える可能性があります。すると自宅はそもそも必要なくなるため、売却という選択肢が出てきます。

この場合、リバースモーゲージを解約して、自宅の売却金で返済金を支払うのが理想です。しかし、買い手がすぐ見つかるとは限りません。焦って安値で自宅を手放してしまう…そんな可能性もあります。

住み替えを予定しているかどうか、配偶者ともきちんと話し合ったうえでリバースモーゲージを利用しましょう。リバースモーゲージで融資されたお金を自宅のバリアフリー化にまわす、住み替えを決めた後にゆっくり自宅の売却先を探し、売主が見つかるまで解約を待つといった方法もあります。

リバースモーゲージを利用すると良い人

以上の注意点を踏まえたうえで、リバースモーゲージを利用すると良い人は、以下の2つのタイプです。

相続人が家を継がないという意思をハッキリ示している

相続人が「家を継ぎたい」と言い出したら、解約せざるを得ません。ですから、相続人にあらかじめ確認し、家を継がないという意思をハッキリ示してもらいましょう。

将来、どこに住みたいかしっかりとしたビジョンがある

リバースモーゲージを選ぶ人は、一般に「自宅にずっと住み続けたい」と考えている人です。一方で、新しく家を建てるためにリバースモーゲージ型の住宅ローンを組んだり、高齢者施設への住み替えのために資金を調達したりするという人もいます。いずれにせよ、この先どこに住みたいのかをしっかり見極め、なるべく解約することのないようにしましょう。

まとめ

以上、リバースモーゲージの解約について解説しました。解約時には、一括してまとまった金額を支払わなければなりません。それが用意できるかどうかを、まずは確認しましょう。そして、そもそも解約という事態にならないよう、リバースモーゲージの契約時には将来計画をきちんと立てることが重要です。

関連記事

cursor