古田敦也さんでおなじみのハウスドゥ!グループ フィナンシャルドゥ

  • 通常
  • 拡大

お問い合わせ

ガバナンス

コーポレートガバナンス

フィナンシャルドゥは経営の健全性、透明性を高めることで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を経営の重要課題としています。
そのため、お客様・金融機関様・社員・地域社会など各ステークホルダーの皆様と良好な関係を築き、満足あるサービスを提供し続けることで、コーポレートガバナンスの充実に取り組みます。

情報セキュリティの取り組み

近年、サイバー攻撃が巧妙かつ複雑化しています。会社の機密情報(個人情報など)情報システムは、標的型メールなどサイバー攻撃のターゲットとなっており、フィナンシャルドゥにおける情報セキュリティの重要性は高まっています。
フィナンシャルドゥは、このようなサイバー攻撃の脅威に対し、お客様の安全・安心を確保し、個人情報などのお客様の大切な財産を守ることを社会的責任として捉え、ガバナンスの観点から情報セキュリティ強化に取り組んでいます。

情報セキュリティ基本方針

株式会社フィナンシャルドゥ(以下、「当社」という。)は、情報の適切な管理を経営の重要課題であることを認識し、お客様に安心して当社のサービスをご利用いただくために、情報セキュリティに関する基本方針を宣言し、「情報セキュリティ基本方針」および「個人情報保護方針」を遵守します。
情報セキュリティ基本方針が対象とする情報資産は、当社の企業活動において入手および知り得た情報、ならびに当社が業務上保有するすべての情報を対象とします。

  • 1.情報セキュリティ管理体制の構築

    当社は、保有する全ての情報資産の保護および適切な管理に努め、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築します。

  • 2.情報セキュリティ管理者の配置

    当社は、全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう情報セキュリティ管理者ならびに各部門に情報管理部門責任者を配置します。

  • 3.内部規程の整備

    当社は、情報セキュリティに関する社内規程を整備し、情報資産の保護および適切な管理を行うための明確な方針・ルールを社内に周知徹底します。

  • 4.監査体制の整備

    当社は、業務の遂行において情報セキュリティに関する法令、社内規程・ルールなどが遵守され、有効に機能しているかを検証するため、定期的かつ必要に応じて情報セキュリティ監査を実施します。

  • 5.適切な情報セキュリティ対策

    当社は、情報資産に係る不正アクセス・破壊・情報漏えい・改ざんなどの事故を未然に防止するため、組織的・人的・物理的・技術的安全管理措置の観点からセキュリティ対策を実施します。

  • 6.情報セキュリティリテラシーの向上

    当社は、全従業者に対して、情報セキュリティリテラシーの向上を図るとともに、当社の情報資産の適切な管理を実行するための教育・訓練を継続的に実施します。

  • 7.業務委託先の管理体制強化

    当社は、当社の業務を委託する場合は、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持します。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認するために、業務委託先への定期的な監査などを実施します。

  • 8.継続的改善の実施

    当社は、以上の取り組みを定期的に評価、見直すことにより、情報セキュリティマネジメントの継続的改善を実施します。

コンプライアンス

コンプライアンスとは、企業独自の経営理念や企業倫理を社内に浸透させ、これを遵守させるための諸活動です。また企業のコンプライアンスに社会が期待するものとは、法令を超えた高いレベルの「社会的誠実さ」です。

フィナンシャルドゥは、

  • ①お客様の目線
  • ②従業員の目線
  • ③お取引先の目線
  • ④社会の目線
  • からコンプライアンス経営に取り組んでいます。

フィナンシャルドゥは、社会的責任を果たすため、社内で働く人々の基本的な心構えを「行動規範」としてまとめています。実際の社会生活の中で、従業員がコンプライアンスを実践できるよう当冊子を全従業員に配布しています。

行動規範

  • 1

    法令・社内規程等を遵守するとともに、高い倫理に基づいた公正な企業活動を実践します。お客様とのコミュニケーションを大切にし、情報を適切に取り扱うことで強い信頼感のあるブランド確立を目指します。

  • 2

    真の信頼関係を築くために、取引先とは公正・対等な関係を維持し、適正な取引を行います。

  • 3

    反社会的な個人・団体は健全な社会発展の大きな阻害要因であると認識し、これらからの不当な要求に屈することなく、またこれらとあいまいな関係をもつことなく毅然とした態度を貫徹します。

  • 4

    地域社員の一員として、環境問題や社会貢献活動に取り組みます。

  • 5

    当社で働く人々が個人として尊重され、快適な労働環境における業務遂行なくしては会社の発展がありえないことを認識し、職場環境・労働条件・安全衛生・人材育成の維持発展に努めます。

  • 6

    会社を取り巻く社会・団体・個人が、危機・非常事態に直面した場合、その損失を最小限にとどめ、かつこれを早期に回復するため、倫理的観点を最優先し誠実に問題解決に取り組みます。

反社会的勢力に対する基本方針

当社は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するために、次の基本方針を宣言します。

  • (1)当社は、反社会的勢力との関係を一切持ちません。
  • (2)当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。
  • (3)当社は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応します。
  • (4)当社は、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
  • (5)当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する従業者の安全を確保します。

cursor